『京都で記念に残る前撮りをしたい!』の願いを叶えるための和装選び!

結婚式を控えの新郎様&新婦様の中には、京都で歴史ある美しい街並みを背景に前撮りしたい!  と お考えの方も多いのではないでしょうか?

 

「京都で前撮り」といえば衣装はやっぱり和装ですよね ♬

和装はドレスなどに比べ流行に左右されることがなく、何年経ってもお写真を見るたび、その美しさを感じさせてくれます

 

しかし、一言で和装と言っても様々な種類があるので「どんな形や色柄が前撮りに適しているのかわからない」という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

そんなお悩みをお持ちの方に必見◎

今回は、今まで着物を選んだことがない人でもわかりやすい「前撮りでの和装の選び方ポイント」をご紹介したいと思います(*^_^*)

 

そもそも結婚式の前撮りがなぜ人気なのか?

結婚式前撮りは、ここ数年ですっかり定着し今や約7割のカップルが行っています。

なぜ前撮りが人気かというと、結婚式当日はとにかくあわただしく、ゆっくりと写真撮影をすることができないからです。

洋装から和装へのお色直しではヘアやメイクを大きくチェンジする必要があるので、複雑な場合には約40分程度の時間がかかることがあります。

 

その点、前撮りではゆっくりと時間を確保できるので、妥協なく徹底的にこだわったメイクと衣装で撮影することができます

 

和装は大きく分けて三種類

 

1.白無垢

白無垢とは、和装の婚礼衣装の中で最も格式の高い衣装のことです。

 

表裏白一色で仕立てた婚礼でのみ着ることができる特別な衣装で、綿帽子や角隠しをつけ打掛から掛下、帯や小物にいたるまで全てを白で統一するのが特徴です☆

 

和装と聞いて一番最初に思い浮かび「一生に一度は着てみたい!」と思う憧れの衣装ではないでしょうか?

けがれなき純真さや清浄の象徴とされ「嫁ぎ先のどんな家風にも染まります」という意味も込められ、

まさに純真無垢! 王道のスタイルです♡

 

 

2.色打掛

色打掛とは、掛下(中に着るお着物)の上に、鮮やかな色の打掛を羽織る婚礼衣装のことで、

白無垢とほぼ同等に格式が高いとされています。

 

特徴は何と言っても、重厚感とパッと目を引く色鮮やかさで、その華やかでゴージャスです

 

色や柄のバリエーションが豊富で、選ぶ楽しさや掛下とのコーディネートを楽しむこともでき、自分らしく着こなしたい花嫁様にとても人気があります♪

 

3.引き振袖

引き振袖とは「本振袖」や「お引きずり」と呼ばれ、腰部分で丈の調整をする折り目「おはしょり」を作らず、そのままの丈で引きずって着る婚礼衣装のことです。

 

振袖は未婚女性の第一礼装であり、結婚式を終えると未婚ではなくなるため「振袖を着る最後のチャンス」ということになります。

 

白無垢や色打掛と違い、着物の上に羽織るものがないので帯で個性を出したり、後ろ姿にも華やかさを演出することができます。さらに婚礼衣装と比べ、身動きがとりやすいので少し動きのあるポーズも◎

 

また、黒引き振袖(黒引き)と呼ばれるものもあり、引き振袖の中で一番格式が高いとされています。

引き締まった黒さには「ほかの誰にも染まらない」と言う意味も込めら大人カワイイいスタイルです☆

 

4.男性和装

新婦様に合わせて新郎様はどのような和装を選べばいいのでしょうか?

結婚式で新郎様が着る和装は紋付羽織袴(もんつきはおりはかま)と呼ばれています。

 

紋付羽織袴を選ぶポイントは紋(もん)の数です。背中と両袖の後ろ側、両胸元の五ケ所に紋がある「黒五つ紋付」が最も格式高く男性の正礼装になります。

花嫁衣装が格式高い白無垢、色打掛、黒引き振袖のいずれかを着る場合は、この黒五つ紋付を選びましょう(*^_^*)

 

最近では「色紋付羽織袴」をお選びになる新郎様もいらっしゃいます。白や紺、グレーなど様々なカラーバリエーションがあり、幅広いコーディネートを楽しめます♪

 

しかし注意しないといけないポイントとして、色紋付羽織袴は紋の数が三つか一つが基本となり、先ほどご説明したとおり、着物は紋の数が少ないほど格が下がりますので、色紋付は黒五つ紋付に比べるとカジュアルな衣装だといえます。

 

格式についてはご自身だけで判断するのは難しいと思いますので、スタッフや和装に詳しい方にアドバイスをもらうことをおすすめします。

 

 

まとめ

 

このように和装には伝統的があり、種類が分類されています。

しかし最近では、真っ白の掛下を着て白一色で合わせることが多く単調になりがちな白無垢でも、色や柄の入った掛下を合わせることで個性を出すことができます(*^_^*)

京都の美しい街並みでの撮影を思いながら、お二人のこだわりに溢れた衣装選びをお楽しみください☆

トップへ