1. 京都ハルウェディング > 
  2. 新着情報ページ

NEWS


新着情報

花嫁必見!京都の和装の前撮りで使いたいおしゃれな撮影小物4選

ブログ

2018.01.17


一生に一度しかない結婚式の写真は、美しく残したいものですよね。 結婚式当日の慌ただしい撮影とは異なり、前撮りは時間をかけて納得のいく1枚を撮影することができます。 京都では和装を選ばれるカップルが多いのですが、撮影時に小物を使用することができるのをご存知ですか? 京都での撮影ですから、小物にもきっちりこだわりたいものです。 今回は、前撮り写真の印象をがらりと変える、おしゃれな撮影小物をご紹介したいと思います。

特別な1枚を彩る、おしゃれな撮影小物4選

撮影小物01 京都での前撮りにおすすめのおしゃれな撮影小物の例をご紹介していきます。

筥迫(はこせこ)

撮影小物02 筥迫とは江戸時代に一般的となった、化粧道具等を仕舞うポーチのようなもので、着物の胸元に差し込んで使用します。 化粧道具を入れるものとして使用されていたのが始まりですが、次第に正装の時に欠かせない装飾品の側面を強く持つようになります。 「夫以外の色には染まりません」という気持ちを表している小物なので、縁起が良く前撮りでは是非使用したいですね。 和装の着物に色味をプラスするものとしてや、母親や祖母から譲り受けたものを使用する方もいます。

番傘

撮影小物03 和装に似合う蛇の目傘は、女性をお淑やかに色っぽく見せてくれます。 夫婦お揃いで持てば、仲睦まじい様子が撮影できますね。 傘で顔や体を少し隠したり、2人で一緒に傘を持ったりと構図にも工夫を加えることができる定番の小物です。  

末広(すえひろ)

撮影小物05 末広とは小さな扇子のことで、手に持ったり帯に挟んだりして撮影に使用します。 扇子を広げた形が「八」の字になっており、末永く続く幸せという願いが込められているんです。 前撮りでは非常によく使われる小物ですが、扇子を開いて持つのはタブーなのでお気を付けください。

2人の思い出の品

撮影小物04 2人の思い出の品も前撮りの撮影小物にぴったりです。 旅行先で買ったぬいぐるみ、お互いに贈り合ったプレゼント、お揃いのアクセサリーなどを持ち込んで撮影をするのもおすすめです。 和装でありながらも、少し抜け感を出して洋風の小物やアクセサリーもつけてみるのも良いかもしれませんね。  

2人の未来を願う撮影小物選びを

撮影小物06 2人の未来が明るいものになるようにと願いを込めて小物を選ぶといいかもしれません。 いつ見返しても前撮りの時の気持ちを思い出させてくれる素敵な写真になること間違いなしですよ。 京都で和装の前撮りをされる方は、この記事を参考にぜひ撮影小物を使用してみてください。

京都の前撮りで人気のロケーションBEST3

ブログ

2017.12.26


京都は多くの観光客で溢れかえるほど、国内でも人気の旅行スポットですが、実は前撮りを行う場所としても人気を呼んでいます。 理想の写真を求め、毎年多くの方が京都での前撮りを行っています。 そんな前撮りスポットとしても有名な京都でも、特に人気なロケーションBEST3をご紹介します。 京都での前撮りを控えている方はぜひ参考にしてくださいね。

京都の前撮りで人気のスポットBEST3

第3位 祇園巽橋

京都を代表する前撮り撮影スポットで、観光で訪れたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか? 京都らしい古風な風景は和装での前撮りにぴったり。 「枝垂れ桜」や「枝垂れ柳」など季節によって変わる情景を楽しむことができるのも魅力です。 白無垢に和傘での前撮りは、まるで映画の世界に迷い込んだかのような美しい写真に仕上がります。

第2位 八坂の塔

京都のシンボルでもある五重塔をバックに撮影できるスポットです。 こちらも石畳が並ぶ、京都らしいロケーションでの前撮りができます。

和装はもちろん洋装もぴったり。 京都の街並が好きな人にはたまらない景色の中で撮影ができます。

最近、Instagramでも話題になっている八坂庚申堂での撮影も可能です。 京都の中でも華やかなスポットでの前撮りは、女性の心をくすぐりますね。 京都の有名なスポットを貸切ったかのような写真は、一生の思い出になることでしょう。

第1位 神泉苑

神泉苑は、恋愛成就のスポットとしても知られている縁起の良い場所。 朱塗りの法成橋や鳥居など他にはない場所の雰囲気のロケーションで撮影ができるスポットです。 朱塗りの法成橋と池と自然が織りなす景色は、どこか神聖で落ち着いた写真を撮ることができます。 このスポットも京都らしさが良く出ている場所なので、和装が良く似合います。 橋の朱色に負けない華やかさのある色打掛を身に着けての撮影がおすすめです。

京都らしいロケーションで最高の思い出を

京都の前撮りスポットはたくさんありますが、その中でも人気の高い場所をご紹介しました。 普段は観光スポットとして人気ですが、そんな場所を二人占めしたような写真を撮影することができます。 国内で前撮りをお考えの方は、撮影スタジオも良いですが、少し足をのばして京都でのロケーション撮影はいかがでしょうか。 季節によって表情を変える場所でもありますので、ご夫婦で相談しながら紅葉や桜の時期を狙ってみるのも良いかもしれません。 ぜひ京都の前撮りで一生の思い出に残る日をお過ごしください。

京都旅行も兼ねたお祝い!本場で和装の前撮りをしてみませんか

ブログ

2017.12.25


結婚式当日ではなく、事前に余裕のある時間の中で写真撮影を行う「前撮り」。 式を控えた段階で、すでに前撮りを検討されている方も多いのではないでしょうか。 記念の一枚になるからこそ、素敵な衣装と風景の中で撮影したいところ。 ただ、その肝心のロケーション選びに悩まされる方も少なくありません。 そこで今回おすすめしたいのが、古都京都での和装前撮りです。 歴史ある街並みと調和の取れた自然の中で、日本人のための衣装とも呼べる和装との組み合わせは抜群とも言えます。 今回はぜひ京都での和装前撮りに興味を持っていただくために、京都の素晴らしいロケーションをいくつかご紹介したいと思います。

和装の前撮りで行きたい京都のロケーション

ロケーション1:鴨川

京都で和装の前撮りをするうえで、まず鴨川は外せません。 京都は季節ごとに様々な様相を楽しむことができるのが魅力の一つ。 特に鴨川ではそうした四季折々からなる風景の違いを楽しむことができます。 例えば春から夏にかけて、鴨川沿いに並ぶお店が高床式の川床を展開し、京都らしさを垣間見ることができます。 また夜になるとライトアップされるため雰囲気を一層盛り上げてくれますよ。 春には桜も咲き誇り、和装前撮りとしても最高のロケーションになります。

ロケーション2:嵐山

自然で幻想的な景色が広がる「竹林の小径」を、雑誌やTVで一度はご覧になった方も多いのではないでしょうか。 京都ならではの自然を全身で感じとることができる、風光明媚な嵐山もまた、和装の前撮りにおいて良いロケーションとなるでしょう。 春の桜や秋の紅葉も綺麗に見ることができるため、幻想的な風景の中で前撮りしたいという方に大変おすすめです。

ロケーション3:八坂の塔

京都におけるシンボル的な役割を果たす五重の塔をバックに前撮りを行うことができるため、風情ある和装との雰囲気も合わさって、素敵な一枚に。 また石畳や木造家屋といった古い町並みが多く、京都らしさが色濃く出ている場所でもあります。

ロケーション4:祇園巽橋

最後に、京都での和装前撮りにおいて最も季節を感じることができる場所が、こちらの祇園巽橋です。 京都で和装前撮りをされる方に大変人気があるロケーションとなっており、背後で白川が流れる様子と和装とのマッチング具合が抜群! 春には枝垂れ桜、秋には紅葉といった自然溢れる景色は、四季を楽しむことができます。 祇園特有の石畳の街並みなど歩いているだけで非日常感を楽しむことができるのも特徴的です。

京都旅行も兼ねて和装前撮りをしてみませんか?

いかがでしたでしょうか。 京都にはこの他にも素晴らしいロケーションがたくさんあります。 遠方からもたくさんの方が前撮り撮影にお越しになります。 ご夫婦での京都旅行も兼ねての前撮りがおすすめです。 素敵な和装に身を包みながら、ぜひ京都で非日常的な時間を満喫してみてはいかがでしょうか。

親の喜ぶ顔が見れる。和装のフォトウェディングで美しい花嫁になろう

ブログ

2017.12.24


皆さんは「フォトウェディング」という言葉をご存知でしょうか? 最近では予算の都合などの理由で披露宴などをあげられないカップルが、挙式の代わりに写真を撮るという、新しいスタイルのことを指します。 結婚の記念として形に残すこともできるため徐々に人気を集めています。 そんなフォトウェディングの中でも今回ご紹介したいのが「和装」でのフォトウェディングです。 結婚式というと洋装のウェディングドレスやタキシードのイメージが強いですが、日本独自の衣装である和装もまた上品かつ華やかで、フォトウェディングに最適なんです。 何よりも、新郎新婦だけでなく、親御様にも喜んでもらえるという大きなポイントも! 今回はそんな和装のフォトウェディングの魅力についてご紹介していきます。

親も笑顔に!和装のフォトウェディングの魅力

和装のフォトウェディングにはたくさんの魅力的なポイントがあります。 これを知ればなぜ和装を選ぶご夫婦が多いのか納得できるかもしれません。 その魅力を順にご紹介していきます。

花嫁の「美しさ」が際立つ

和装の魅力といえば、やはり洋装にはない独自の美しさがあります。 一口に美しいといっても様々にあると思いますが、和装の場合は清楚で可憐、上品さが際立つ美しい花嫁になることができます。 日本人の美しさを引き出す衣装でもありますので、フォトウェディングという特別な日にはぴったりです。

非日常感を楽しむことができる

和装に慣れているという方は少ないのではないでしょうか。 人生で一度も着たことがないという方も珍しくありません。 和装をフォトウェディングという機会に着ることができるというのは非日常感があって、特別な気持ちになれると思います。 お二人で特別な衣装に身を包んで過ごす一日は、写真だけでなくいつまでも記憶に残り続ける素敵な時間になるはずです。

ロケーションにマッチする

和装でのフォトウェディングといっても、どこで撮影すればいいのかピンとこない方もいると思います。 まず和装で一番おすすめしたいのが、京都です。 京都は古き良き日本の歴史や文化が調和された街並みであり、和装とのマッチングも抜群に良いことが大きなポイントになります。 鴨川や八坂の塔などロケーションも数多くあり、和装ならやっぱり京都という方も多いです。 京都旅行の一環として撮影されてみてはいかがでしょうか。

親世代も喜びやすい

50代~60代前後の親世代の結婚式では、和装が定番だったと言われています。 今では洋装が定着化していることもあり、逆に和装が珍しいという印象さえありますよね。 親としても心のどこかで自分たちが行なったように、子供たちの和装姿を見てみたいと感じる部分もあるのではないかと思います。 フォトウェディングで和装姿を残せば、親世代も喜んでくれるのではないでしょうか。 撮影した写真を親にプレゼントするというご夫婦もたくさんいらっしゃいますので、思い出としてだけでなく贈り物にもなります。 一生に一度の記念になるからこそ、二人だけでなく、親にも喜ばれるようなフォトウェディングにしたいですよね。

京都で和装のフォトウェディングをしてみませんか?

いかがでしたでしょうか。 和装でのフォトウェディングの魅力が少しでも伝われば嬉しいです。 ハルウェディングでは、前撮りに加え低価格で和装レンタルも行なっています。 ぜひ京都でのフォトウェディングに興味を持たれた際には、ハルウェディングにお声がけください!

花嫁のお悩み解決!フォトウェディングにかかる費用と相場を解決

ブログ

2017.12.23


皆様は、フォトウェディングをご存知でしょうか。 フォトウェディングとは、挙式の代わりにウェディングドレス姿や着物姿を写真に残すというものです。 挙式よりも費用を抑えることができることから若いご夫婦には特に人気で、「写真だけは残したい」という希望も叶えることができます。 では、実際にフォトウェディングの費用はどのくらいなのでしょうか? 今回はフォトウェディングの費用の相場についてご紹介します。

花嫁のお悩みを解決します!フォトウェディングはいくら?

費用と平均相場

先ほどご紹介したように、フォトウェディングは挙式よりもコストを抑えることができます。 フォトウェディングの平均費用は、約3万~20万とされています。 なぜここまで金額に差があるのかというと、フォトウェディングに関わる様々な要素によって金額が変動するからです。 例えば衣装。 どのようなものを何着選ぶのかによって費用は大きく変わります。 和装や、洋装、または夫婦オリジナルの衣装など、様々なバリエーションで楽しむことができるフォトウェディングですが、多くのプランは衣装レンタル代が込みというものが多く、衣装の種類やカット数によって金額は変動します。 また、どこを撮影場所に選ぶかも重要です。 スタジオで撮影するのか外でのロケーション撮影なのか、場所によって費用が変わります。 ロケーション撮影となると、移動代は含まれているのか、お天気が悪い場合はどうなるのかも見ておきたいですね。

 

おすすめの京都でのフォトウェディング

こちらは京都で撮影された写真です。 京都の石畳の通りや木造建物などのロケーションは和装にぴったりだということで、京都をフォトウェディングの場所に選ぶ人が増えています。 寺社仏閣といった特別な場所で撮影ができるのも京都の魅力です。 もちろん和装だけでなく、洋装もおすすめです。 普段は絶対に撮ることができない特別な一枚を、京都の地で叶えることができます。 また、紅葉や桜など季節によって変わる景色の中での撮影も外でのロケーション撮影の魅力です。

 

プランの一例

ここでフォトウェディングプランの一例をご紹介します。 和装前撮りプラン(ロケーション撮影)の料金は、

・衣装

・ロケ地

・美容着付け

・移動費

・写真補正

・全データ

がセットになって、和装1点/ロケ地1ヵ所で89.000円、和装2点/ロケ地1ヵ所で120.000円となっています。 せっかくの京都でのフォトウェディングは、様々な衣装で楽しんでみたいという方には、和装2点プランがおすすめです。 色打掛と白無垢の2種類の衣装を着たい欲張りさんな花嫁に大人気です。

料金の詳細はこちら

 

フォトウェディングで最高の思い出を

いかがでしたでしょうか? 挙式は少し費用がかかりすぎるというご夫婦には、フォトウェディングがおすすめです。 フォトウェディングは、一生残る大切な写真として大切な宝物になることは間違いないでしょう。 遠方から京都にお越しのご夫婦もたくさんいらっしゃるので、一生の思い出はぜひ京都で残しましょう。

【大人気】一生の思い出を残すなら京都のフォトウェディングに決まり

ブログ

2017.12.22


結婚式は行わず、晴れ姿を写真にだけ収めるフォトウェディング。 近年はそのフォトウェディングを行う夫婦が増えていて、プレ花嫁たちの中でも話題になっています。 特に京都はロケーションの良さから人気を集めていて、フォトウェディングのために足を運ぶという人も。 なぜここまでフォトウェディングが話題になっているのでしょうか? 今回は一生の思い出に残る、京都のフォトウェディングをご紹介します。

フォトウェディングとは?

先にも述べたように、そもそもフォトウェディングとは、結婚式は挙げないが、写真だけは撮影したいという声から生まれたサービスです。 予算や日程など結婚式を行うには様々なハードルがありますが、フォトウェディングは結婚式よりも低コストでできるだけでなく、夫婦二人のスケジュールだけを考慮できるという点からも人気を集めています。 そんなフォトウェディングですが、最近は記念にと、前撮りとして利用される方々も増えているようです。 花嫁にとっては一生に一度しかないウェディングドレスや着物姿を残す機会であり、一番美しい自分の姿を残すことができるという魅力もあります。 これから長い人生を共に歩む二人の晴れ姿を、写真に収めることで、一生の思い出にすることができるのです。

一生の思い出は、美しい景色とともに

一生の思い出にする写真は、美しい景色とともに撮りたいですよね。 そうしたご夫婦の強い思いから人気を博しているのが、京都のフォトウェディングなのです。 京都には美しく、写真に収めたい景色がたくさんあります。 京都だからこそ手に入れられる最高の一枚があるのです。

やっぱり和装!京都の街並みとともに

京都の街並みで写真を撮るなら、やっぱり和装ですよね。 むしろ、和装で撮るからこその京都と言えますでしょうか。 京都には土地柄、祇園をはじめ、着物姿が似合う場所ばかりですので、やはり和装は人気です。

洋装もいつもとは違った雰囲気で

こちらは嵐山・竹林の道で撮影された一枚です。 辺り一面の竹に映える、凛としたタキシード姿とドレス姿。 まるで映画の世界のような神秘的な情景はまさに非日常。 他の人とは一風変わった特別な一枚は、京都でしか撮影できません。

京都は、落ち着いた雰囲気が醸し出す「静の美」が魅力的なところです。 その場所で見た目が華やかな「動の美」である、タキシード姿、ドレス姿で写真を撮ることで、二種類の美しさが絶妙なハーモニーを織りなします。 特別な一枚にはぴったりな写真を撮ることができるため、洋装も大変人気です。

和装も洋装も思うがまま!

いかがでしたでしょうか。 最高の一枚を手に入れるため、思うがままにアレンジできるのが、フォトウェディングが人気を呼んでいる大きな理由の一つです。 皆様も、京都で一生の思い出に残る一枚を撮ってみませんか?

前へ
全件数46件 現在表示件数 7〜12
次へ

PAGE TOP