1. 京都ハルウェディング > 
  2. 新着情報ページ

NEWS


新着情報

プレ花嫁必見!京都のフォトウェディングで人気のスポット3選

ブログ

2018.02.14


結婚式をするにあたり前撮りをするカップルが増えています。

近年では前撮りは欠かせないものとの認識になっているようで、当店にもたくさんのカップルにご来店頂いております。

前撮りで人気となっているのが「和装」です。

結婚式当日は洋装のウェディングドレスのみが多いようで、それなら前撮りは和装でと希望される方も多く、撮影された写真は結婚を前に、幸せいっぱいのお二人の笑顔はとても輝いておられます。

その幸せいっぱいの笑顔の写真は、一生涯お二人の宝物になるに違いありません。

京都の四季折々の風景を活かした、あなただけの写真をお撮りしております。

今回は、当店で人気の京都のフォトウェディングスポットをご紹介したいと思います。

京都で前撮りならココがおすすめ!和装が似合うフォトスポット

和装で一番人気のフォトウェディングスポット「祇園巽橋」

前撮りスポット01

和装で一番人気となっているのが、祇園巽橋です。

祇園北側に位置する白川にかかる橋で、祇園の中で最も風情ある場所として観光客に人気のスポットでもあります。

巽橋付近は京都の伝統的建造物郡保存地区に指定されている歴史的街並みが残されている場所。

京都が舞台の映画やドラマなどでもよく利用されているため、初めて訪れたとしてもどこか懐かしいような錯覚を覚えるかもしれません。

そんな京都情緒溢れる魅力的な祇園巽橋で撮影すれば、映画の世界のような素敵な写真が撮れるでしょう。

京都のシンボル「八坂の塔」

前撮りスポット02

京都のシンボルとしてそびえ立つ五重塔をバックに撮影することができます。

八坂の塔が立っているのは「法観寺」です。

このお寺は一般的にメジャーな観光スポットではありませんが、その周辺の石畳の街並みに魅力があると人気となっています。

八坂通りを東に向けて歩くと、坂道を登ったところに八坂の塔が見えてきます。

坂道の両端は京都らしい古い和風の建物が建ち並んでいるため、歴史映画の世界に迷い込んだかのような錯覚を覚えます。

八坂の塔をバックにしたその石畳の坂道もフォトウェディングスポットとして人気です。

八坂の塔に近づくと、また映画の世界に迷い込んだかのように風景に出会えます。

春におすすめ!京都を代表する「鴨川」

前撮りスポット03

鴨川河川敷にはたくさんの桜の木があります。

春になるとその桜が満開になりとても綺麗です。

四季折々でさまざまな風景が見られる鴨川ですが、やっぱりおすすめは桜が咲く春です。

満開に咲く鴨川の桜をバックに写真を撮ればとても美しいウェディングフォトが完成します。

また、鴨川河川敷には、歴史ある建物の料亭が軒を連ねているので、それらをバックした写真もおすすめですよ!

最後に

今回は和装の前撮りにおすすめの京都のスポットをご紹介しました。

外でのロケーション撮影はお天気や季節も関係してきますので、どのような前撮りが理想なのかをしっかりお二人で相談してみましょう。

不安なことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

和装のフォトウェディングにおすすめの魅力を惹きだすネイルとは?

ブログ

2018.01.31


日本の結婚式を象徴する和装。 ウェディングドレスとはまた違った、大人の美しさを持っており、近年の結婚式でも根強い人気を誇っています。 和装に合う髪形や小物には多くの方が気を配られますが、和装に合うネイルにまで目の届く方は少ないいかもしれません。 フォトウェディングをするなら髪形や小物同様に写真に写るネイルも、完璧な状態で撮影したいものですよね。 今回は、和装で写真を撮るなら絶対にこだわっておきたいネイルをフォトウェディング前に確認しておきましょう。

和装をネイルでばっちり決める

人生で最も幸せな瞬間として写真に残るので、見返すことも自然と多くなるでしょう。 その時にできる1番美しい姿で撮影に挑みたいのであれば、ネイルにもこだわらなければなりません。 撮影の際に手元が写ることもあり、指先まで手入れが行き届いていればより美しい姿が残ります。 一口に和装と言っても、真っ白な白無垢から鮮やかな色打掛までその種類はいくつかに分かれます。 和装ごとに最も魅力が引き出せるおすすめのネイルで、最高のフォトウェディングにしましょう。

白無垢に合うネイル

フォトウェディング ネイル01 白無垢は最も大人っぽくクールな印象を与えてくれる和装です。 ネイルも当然大人っぽい印象のものがぴったりですが、特に白やピンクの淡いものがおすすめです。 鮮やかな色のものを選んでしまいがちですが、メインの白無垢から目が移ってしまうことは簡単に想像がつくのではないでしょうか。 白のフレンチネイルにビジューを合わせれば、白無垢の邪魔をすることなくおしゃれをすることができます。 ハートのフレンチネイルにすれば、結婚式にふさわしい愛を表現することができますね。 白無垢の上品さを損なわないネイルがおすすめです。

色打掛に合うネイル

フォトウェディング ネイル02 鮮やかな印象の色打掛には、衣装に負けることがないので赤や金を使ったネイルがおすすめです。 色打掛に合わせた色を基調としつつ、鶴や毬の和柄で仕上げたものは、統一感があり人気です。 結婚した日を大切にしたい方は、桜やもみじなど季節の花を取り入れてみてはいかがでしょうか? 白地に赤のアクセントを入れたものは、2人の門出にふさわしい紅白であり、赤い糸も連想させてくれるのでぴったりですね。 華やかさの中にも上品さを出したいときには、ネイルの長さで調整してみましょう。

和装のフォトウェディングはネイルにこだわりを

フォトウェディングで主役になるのはあくまで新郎と新婦です。 新婦を美しく見せる為の和装であり、ネイルである為、ネイルだけの可愛さやおしゃれさで選ばない方がいいでしょう。 写真の仕上がりを思い描き、逆算してネイルを選ぶイメージが大切です。 美しい大人の和装で、思い出に残るフォトウェディングにしませんか。

フォトウェディングの小物をDIY!自分達だけの写真を撮ろう

ブログ

2018.01.17


一生に一度しかない結婚は、女性にとって特別なイベントですよね。 そんな瞬間を写真に残すなら、とびきり可愛くておしゃれにしたいものです。 「でもキラキラした写真を撮るには、結構なお金がかかるんでしょ?」なんて声が聞こえてきそうですが、お金をかけなくてもアイデア次第で素敵な写真はいくらでも撮れちゃうんです。 フォトウェディングの小物は自分自身でDIYしちゃいましょう! 今回は「費用を抑えながらも幸せ溢れる素敵な写真を撮りたい」という方が真似せずにはいられない、小物作りをご紹介したいと思います。

フォトウェディングで映える小物を簡単DIY

小物を1つか2つ持って撮影するだけで、写真の仕上がりが大きく変わってきます。 自宅で簡単に作れるおすすめの小物の作り方や費用を解説していきます。

フォトリース

フラフープに、花や葉っぱのついた蔦を巻き付けるだけでアンティーク調の可愛らしい小物を作ることができます。 100円ショップ等の材料でDIYすることができ、トータルでも数百円の予算で済みそうですね。 アレンジの仕方は自在で、花だけでリースを作ったり、リースの下半分にアルファベットのオブジェをつけるのも可愛いです。 このフォトリースの真ん中でおでこをこっつんこしたり、キスをするだけで幸せ溢れる写真になること間違いなしでしょう。

フォトプロップス

フォトプロップス 大人気のフォトプロップス。 既製品で売られているものもありますが、DIYも可能です。 色画用紙や厚紙を好きな形にカットしてデコレーションしたものに、棒や串などの持ち手をつけます。 お二人のお名前や結婚記念日を書いて可愛くデコレーションすれば、とてもカラフルな写真に仕上がります。 アルファベットオブジェを張り付けて立体的にするのもおもしろいのではないでしょうか?

赤い糸で作る「寿」

モールアート こちらは特に和装のフォトウェディングに似合う小物の1つと言ってもいいでしょう。 用意するものは赤い毛糸とワイヤー、接着材です。 毛糸の中にワイヤーを通して文字を模ったら、接着剤でくっつけていきます。 ワイヤーが飛び出してしまう場合は、毛糸をねじって飛び出さないようにしましょう。 「寿」の両端から毛糸を伸ばし、結び目を作ってお互いの小指に掛けるというアレンジがおすすめです。

アイデア小物で豪華なフォトウェディングに

今回が紹介した小物は、いずれも数百円と言う安い価格でDIYできる物ばかりです。 写真そのものが素敵に仕上がるのはもちろんですが、2人で小物を作った時間も素敵な思い出として残りますね。 みなさんもアイデア小物で幸せな瞬間を彩ってみてはいかがでしょうか?

【注目】前撮り写真のおしゃれな活用方法4選

ブログ

2018.01.17


結婚式は夫婦2人にとっては人生で一番幸せな瞬間と言っても過言ではありません。 そんな思い出を結婚式当日だけのものにしてしまうのは勿体無いとお考えの方もいらっしゃいます。 そうしたニーズに応えて生まれたのが、結婚式の前撮り。 晴れ着を纏い、一生の思い出を写真という形に残すことができるのです。 このように、昨今密かに人気を集めている、結婚式の前撮りですが、注目すべき点は、その写真の活用方法があるということです。 今回はそんな、前撮り写真のおしゃれな活用方法4選をご紹介します。 素敵な前撮り姿をたくさんの人にアピールしちゃいましょう。

前撮り写真のおしゃれな活用方法4選

1.式場の飾り付け

前撮り写真01 まず挙げられる活用方法は、当日の飾り付けです。 大勢のゲストを招いて行う結婚式や披露宴ですから、式場やプログラムといった式の中心になるものだけでなく、飾り付けのように細部に至るところまでこだわりたいのは当然のことです。 そこで役立つのが、この前撮り写真です。 テーブルの上など、空けておくと少し寂しさを感じるスペースに何かを置きたいときにベストマッチです。 新郎新婦が座るテーブルにデコレーションした額縁の大きいものを飾るのも人気ですよ。

2.両親へのプレゼント

前撮り写真02 子として親元から巣立ち、新たな家庭を築く、結婚。 これまで育ててくれた両親へ、自分の晴れ姿をプレゼントしてはどうでしょうか。 両親は愛する子の旅立ちを、心から祝福してくれるはずです。 幼い頃からアルバムに残してきた思い出の数々は、ウェディングドレスや着物姿でフィナーレを迎えます。 前撮り写真をフォトアルバムにするのもおすすめですが、少し恥ずかしいという人は、写真立てに入るサイズや手帳に挟んで持ち歩けるサイズをプレゼントしてみましょう。

3.お知らせカードや招待状に使用する

前撮り写真03 旧友や同僚に結婚式の開催を伝えるお知らせカードや招待状にも、活用することができます。 仲睦まじい2人の晴れ姿を招待状に添えることで、ゲストは心から祝福したい気持ちになるでしょう。 また、ゲストの旧友の中には、疎遠になっていて、久々に会うタイミングが結婚式だった、という方もいらっしゃることでしょう。 そんな方々には、お元気ですかのお手紙や近況報告の意味も込めて、前撮り写真を添えるのがいいかもしれませんね。

4.ウェディングムービーで流す

結婚式当日に流す夫婦も多いウェディングムービーにも前撮り写真は活用することができます。 小さい頃の写真や2人の思い出の写真を流すことが多いですが、前撮り写真も思い出の一部として動画内で活用してみましょう。 プロに撮ってもらった写真を使えば会場も驚く出来栄えになるのではないでしょうか。

前撮り写真を活用しよう

いかがでしたでしょうか。 前撮り写真を撮影すれば、結婚式を挙げる自分たちの思い出になるのはもちろんのことです。 それだけでなく、結婚式の準備から当日まで、飾り付け、両親へのプレゼント、お知らせ状や招待カードへの添付など、おしゃれで粋な活用をすることができることがお分かりいただけたかと思います。 せっかくの前撮り写真はたくさんの場所で活用してみましょう!

結婚式とは一味違う。京都の前撮りで思い出を残しませんか?

ブログ

2018.01.17


結婚式の前撮り撮影をしている人を見かけたことがありますよね。 アルバムに残したり、インスタグラムにアップしたりと、華やかな写真を目にすることも多いはずです。 撮影場所はどこにあるか、衣装はどうやって選んでいるのか、撮影の目的は何なのかを知らない方って案外多いのではないでしょうか。 結婚式の前撮りとは、どんな人がどんな目的で行っているのかをご紹介していきます。 この記事を読めば、みなさんも結婚式の前撮りがしたくなるかもしれません。

結婚式とは一味違う前撮りで思い出を残しませんか?

どんな目的で行っているの?

京都 前撮り01 前撮りをされるカップルにも様々な理由があります。

記念として形に残るものが欲しい

夫婦での思い出作りに

結婚式の代わりに前撮りでフォトウェディングをする

結婚式当日とは違った衣装を着てみたい

など、様々な理由で前撮りを行う夫婦が増えています。 その中で最も多く挙がる理由は、「時間にゆとりを持って記念の写真を撮りたいから」というものです。 結婚式当日は非常に慌ただしいスケージュールで、納得がいくまで写真を撮りなおしている時間はありません。 ゲストへの挨拶等で、2人が一緒にいる時間は思っているより短いという場合もありますよね。 一生残る写真が慌ただしさで疲れた表情では困ります。

どこで撮っているの?

こちらも2人の希望によって異なるので一概には言えませんが、屋外での撮影が人気です。 特に京都は風情のある風景が多く、屋外でのロケーション撮影を希望される方が増えています。 せっかく京都で式を挙げるのであれば、前撮りも京都らしさの溢れる場所で行いたいですよね。 特別な衣装と特別なロケーションの中での撮影は一生思い出に残るものになるでしょう。 スタジオでの撮影は天候に左右されず、ゆとりをもってポージングをすることができるというメリットがあります。

衣装に決まりはあるの?

前撮りの衣装は希望に沿ったものを着用します。 結婚式当日をドレスで迎えられるのであれば、前撮りは和装にしたいという方が多くいらっしゃるようです。 女性に希望が多いのですが、前撮りで複数の衣装を身に着けたい場合はそうした撮影方法もあります。 京都には和装の映える場所が多く、撮影スポット選びには苦労しないでしょう。 むしろ、撮りたい場所が多すぎて決めるのが難しいぐらいですね。 カラードレス、白無垢、和装など様々な衣装から撮影場所に合ったものを選ぶのがおすすめです。

前撮り写真を活用して華やかな結婚式に

京都 前撮り02

前撮りで撮影した2人の写真を記念のアルバムにすることができるのはもちろん、ウェルカムボードや親へのプレゼントにされる方も多いようですね。 結婚式当日に流すムービーや結婚報告はがきなど、前撮り写真は使い方を選びません。 1~2か月前に撮影するのが最も多いようですので、お考えの方は式場にお問い合わせください。 京都で前撮りをしておけば、一生忘れることのない素敵な記憶が詰まった最高の1枚に仕上がるはずですよ。

花嫁必見!京都の和装の前撮りで使いたいおしゃれな撮影小物4選

ブログ

2018.01.17


一生に一度しかない結婚式の写真は、美しく残したいものですよね。 結婚式当日の慌ただしい撮影とは異なり、前撮りは時間をかけて納得のいく1枚を撮影することができます。 京都では和装を選ばれるカップルが多いのですが、撮影時に小物を使用することができるのをご存知ですか? 京都での撮影ですから、小物にもきっちりこだわりたいものです。 今回は、前撮り写真の印象をがらりと変える、おしゃれな撮影小物をご紹介したいと思います。

特別な1枚を彩る、おしゃれな撮影小物4選

撮影小物01 京都での前撮りにおすすめのおしゃれな撮影小物の例をご紹介していきます。

筥迫(はこせこ)

撮影小物02 筥迫とは江戸時代に一般的となった、化粧道具等を仕舞うポーチのようなもので、着物の胸元に差し込んで使用します。 化粧道具を入れるものとして使用されていたのが始まりですが、次第に正装の時に欠かせない装飾品の側面を強く持つようになります。 「夫以外の色には染まりません」という気持ちを表している小物なので、縁起が良く前撮りでは是非使用したいですね。 和装の着物に色味をプラスするものとしてや、母親や祖母から譲り受けたものを使用する方もいます。

番傘

撮影小物03 和装に似合う蛇の目傘は、女性をお淑やかに色っぽく見せてくれます。 夫婦お揃いで持てば、仲睦まじい様子が撮影できますね。 傘で顔や体を少し隠したり、2人で一緒に傘を持ったりと構図にも工夫を加えることができる定番の小物です。  

末広(すえひろ)

撮影小物05 末広とは小さな扇子のことで、手に持ったり帯に挟んだりして撮影に使用します。 扇子を広げた形が「八」の字になっており、末永く続く幸せという願いが込められているんです。 前撮りでは非常によく使われる小物ですが、扇子を開いて持つのはタブーなのでお気を付けください。

2人の思い出の品

撮影小物04 2人の思い出の品も前撮りの撮影小物にぴったりです。 旅行先で買ったぬいぐるみ、お互いに贈り合ったプレゼント、お揃いのアクセサリーなどを持ち込んで撮影をするのもおすすめです。 和装でありながらも、少し抜け感を出して洋風の小物やアクセサリーもつけてみるのも良いかもしれませんね。  

2人の未来を願う撮影小物選びを

撮影小物06 2人の未来が明るいものになるようにと願いを込めて小物を選ぶといいかもしれません。 いつ見返しても前撮りの時の気持ちを思い出させてくれる素敵な写真になること間違いなしですよ。 京都で和装の前撮りをされる方は、この記事を参考にぜひ撮影小物を使用してみてください。

前へ
全件数63件 現在表示件数 19〜24
次へ

PAGE TOP