1. 京都ハルウェディング > 
  2. 新着情報ページ > 
  3. 京都の前撮りで人気の和装に似合う撮影小物とは?

NEWS


新着情報

京都の前撮りで人気の和装に似合う撮影小物とは?

ブログ

2018.03.27


京都で結婚式の前撮りを楽しむ場合に人気の和装スタイルですが、撮影に使う小物を準備したいと考えるプレ花嫁も多いものです。

前撮りの時に活躍する撮影小物は100円ショップのアイテムを組み合わせるなどアイデア次第で手作りできるものもたくさんあります。

和装で撮影する際に取り入れたい小物のアイデアをご紹介します。

手作りもできる!和装前撮りで使いたい京都に似合う撮影小物

前撮りでは着物選びはもちろんですが、小物を使うことでより満足度の高い仕上がりになります。

定番となりつつある「2人を結ぶ赤い糸」

前撮り 撮影小物01

和装の前撮りのときに定番となりつつあるのが、2人を結ぶ赤い糸です。

片方を新郎の小指に巻き付け、もう片方を新婦の小指に巻き付けて撮影するというもので、100円ショップのワイヤーと赤い毛糸があれば簡単に作ることができます。

2人の間を結ぶ赤い糸がハート型になっていたり、寿、LOVEの文字になっているものが主流です。

背景の色が多い場所では赤い色が描く文字が見えづらくなるため、前撮りする場合はカメラマンと撮影場所をよく話し合っておくことをおすすめします。

大人気は簡単に作れて写真映えする「ガーランド」

前撮り 撮影小物02

手作りしやすくメッセージ性のあるガーランドは、前撮りの時に使う小物として人気があります。

折り紙と画用紙、紐さえあれば簡単に作れる簡単アイテムですが、京都で撮影する場合は無地の折り紙よりも、ロケーションに合う、華やかな柄の入った和紙を使ってみてはいかがでしょうか?

定番は「結婚しました」の文字ですが、日本語ではなく「Just married」の文字で作ると、和モダンな印象になるためおすすめです。

簡単かわいい「折り鶴カーテン」

前撮り撮影小物03

折り鶴カーテンは、折り紙で作った折り鶴をつるし雛のように糸で結んで作ります。

簡単に作れてコスパも良く、京都のロケーションともマッチして写真映えするおすすめアイテムです。

紅白の鶴のみで作ってお祝いムードをアップさせたり、色とりどりの和紙で華やかな印象に仕上げるほか、ペーパーフラワーと組み合わせてモダンな印象にすることもできます。

イメージに合わせたアレンジのしやすさも、折り鶴カーテンが人気になる理由のうちの1つです。

前撮りに使ったあと、結婚式場の飾り付けに使うのもおすすめです。

膨らませるだけで完成!「紙ふうせん」

前撮り撮影小物04

京都のイメージそのままに、はんなりとして華やかな紙ふうせんは、前撮りの撮影小物としておすすめです。

100円ショップで購入して膨らませるだけで完成するという手軽さがDIYが苦手な方にも人気です。

たくさん膨らませて2人の前や周りに飾るのも良し、紙ふうせんで遊んでいる様子を撮影してもらうのも良いでしょう。

イメージするシーンをカメラマンに伝えておき、何個くらい用意しておけば良いか事前に確認しておくことをおすすめします。

京都らしさを表現するなら「番傘」ははずせない!

前撮り撮影小物05

DIYというわけにはいきませんが、京都で前撮りする場合に外せない撮影小物№1は番傘です。

と番傘は非常に相性が良く、写真全体が華やかな雰囲気になり、結婚式を挙げる2人に相応しい撮影小物だと言えるでしょう。

個性的な前撮り写真を残したいというカップルは、番傘を使ったトリックアートのような面白写真を撮るのもおすすめです。

京都の撮影は京都のプロにおまかせ

京都で前撮りをする場合は、京都のイメージを活かした撮影をすることがポイントになります。

そのため、撮影に使う小物も京都のイメージに合うものを選ぶようにすると、ロケーションともマッチしやすく全体的にまとまった印象のある写真に仕上がります。

ハルウェディングKYOTOは京都を知りつくした撮影のプロです。前撮りで使う小物選びに迷った場合は、相談すると良いアドバイスが受けられることでしょう。

自身で用意しなくてもレンタルできる小物もあるため、確認してみてはいかがでしょうか?

PAGE TOP