1. 京都ハルウェディング > 
  2. 新着情報ページ > 
  3. 花嫁必見!京都の和装の前撮りで使いたいおしゃれな撮影小物4選

NEWS


新着情報

花嫁必見!京都の和装の前撮りで使いたいおしゃれな撮影小物4選

ブログ

2018.01.17


一生に一度しかない結婚式の写真は、美しく残したいものですよね。 結婚式当日の慌ただしい撮影とは異なり、前撮りは時間をかけて納得のいく1枚を撮影することができます。 京都では和装を選ばれるカップルが多いのですが、撮影時に小物を使用することができるのをご存知ですか? 京都での撮影ですから、小物にもきっちりこだわりたいものです。 今回は、前撮り写真の印象をがらりと変える、おしゃれな撮影小物をご紹介したいと思います。

特別な1枚を彩る、おしゃれな撮影小物4選

撮影小物01 京都での前撮りにおすすめのおしゃれな撮影小物の例をご紹介していきます。

筥迫(はこせこ)

撮影小物02 筥迫とは江戸時代に一般的となった、化粧道具等を仕舞うポーチのようなもので、着物の胸元に差し込んで使用します。 化粧道具を入れるものとして使用されていたのが始まりですが、次第に正装の時に欠かせない装飾品の側面を強く持つようになります。 「夫以外の色には染まりません」という気持ちを表している小物なので、縁起が良く前撮りでは是非使用したいですね。 和装の着物に色味をプラスするものとしてや、母親や祖母から譲り受けたものを使用する方もいます。

番傘

撮影小物03 和装に似合う蛇の目傘は、女性をお淑やかに色っぽく見せてくれます。 夫婦お揃いで持てば、仲睦まじい様子が撮影できますね。 傘で顔や体を少し隠したり、2人で一緒に傘を持ったりと構図にも工夫を加えることができる定番の小物です。  

末広(すえひろ)

撮影小物05 末広とは小さな扇子のことで、手に持ったり帯に挟んだりして撮影に使用します。 扇子を広げた形が「八」の字になっており、末永く続く幸せという願いが込められているんです。 前撮りでは非常によく使われる小物ですが、扇子を開いて持つのはタブーなのでお気を付けください。

2人の思い出の品

撮影小物04 2人の思い出の品も前撮りの撮影小物にぴったりです。 旅行先で買ったぬいぐるみ、お互いに贈り合ったプレゼント、お揃いのアクセサリーなどを持ち込んで撮影をするのもおすすめです。 和装でありながらも、少し抜け感を出して洋風の小物やアクセサリーもつけてみるのも良いかもしれませんね。  

2人の未来を願う撮影小物選びを

撮影小物06 2人の未来が明るいものになるようにと願いを込めて小物を選ぶといいかもしれません。 いつ見返しても前撮りの時の気持ちを思い出させてくれる素敵な写真になること間違いなしですよ。 京都で和装の前撮りをされる方は、この記事を参考にぜひ撮影小物を使用してみてください。

PAGE TOP