1. 京都ハルウェディング > 
  2. 新着情報ページ > 
  3. 京都前撮りロケ地 ~神泉苑~

NEWS


新着情報

京都前撮りロケ地 ~神泉苑~

お知らせ

2017.07.25


 

京都前撮りロケ地 ~神泉苑~

 

京都で前撮りを検討する際に色々な事で迷われると思います。
その中の一つとしては撮影ロケ地も迷われるかと思います。
やはり京都以外から来られて前撮り撮影をされる方も非常に多いので京都の地理がわからないおススメのロケ地はどこですかなど
どのロケ地がどんな雰囲気でどういった場所なのかわからず困られてる花嫁様の声をよくお聞きします。
そんな花嫁様に京都前撮りの撮影ロケ地についてご紹介させて頂きます。

今回は、まず『神泉苑』についてご紹介させて頂きます。※今後も他のロケ地(祇園・八坂の塔などもご紹介していこうと思います)

 



神泉苑名前の由来


まず神泉苑の名前の由来ですが、
平安京造営時に大内裏の沼地を拓いて造られた苑池で常に清らかな水が湧き出ていることから「神泉苑」と名付けられたとの事です。

 


祇園祭り発祥の地

 

平安時代に鴨川が何度も溢れ大洪水になることがありそれにより都には疫病が大流行したとされています。
そのことが、暴れ神として恐れられていたスサノオノミコトのたたりという噂が広まり、疫病を鎮めるために御霊会というものを行いました。
当時の日本の国数である66本の鉾を建立し、疫病退散を祈願したのです。
この事がのちに祇園祭となったといわれております。
室町時代になると、鉾に車をつけて町をねり歩く形となり、現代にも受け継がれています。


法成橋について


神泉苑の中に入ると綺麗な池がありその池に掛かる朱塗りの法成橋がとても綺麗でよい雰囲気を演出していおります。
こちらの法成橋は願い事を念じながら渡り、善女龍王にお参りすると願いが叶うといわれています。
また神泉苑は源義経と静御前の出会った場所でもあり、その後二人は結ばれたことから恋愛成就を願う多くの女性が京都での観光の際訪れる場所となっております


神泉苑の前撮り

 

神泉苑での前撮りは歴史もあり神社仏閣の雰囲気も撮影できます。また法成橋についてでも説明しましたが恋愛成就の場所という事で前撮りにも非常にいい場所です。
京都の前撮り撮影でお問い合わせも多い朱塗りの法成橋もありまた法成橋がかかっている池も綺麗で京都の前撮りという雰囲気が非常にでます。
ハルウェディングのトップの画像もこの神泉苑の法成橋になります。
その他にも鳥居や善女龍王社などもあり他の場所にない京都の雰囲気のある写真が撮れる場所です。
やはり撮影は京都らしさを出したいので色打掛や白無垢といった和装での撮影がおススメかと思います。
一つの願い事を念じながら橋を渡り善女龍王社にお参りすると願い事が叶うとされており前撮りの際にお二人で願い事も念じながらお参りしてみるのもいいと思います

 


 

京都は非常にロケーションにも恵まれており本当に前撮り撮影をする場所を悩まれるかと思います。
またお二人の大切な京都前撮りのロケ地ですのでこう言ったかたちで撮影地のご説明やどういった場所なのかなども少しづつですがご紹介していこうと思います。

 

PAGE TOP